消散と消失

提供: Judge Wiki (日本語)
移動: 案内検索

Fading 消散(CR702.31)&Vanising 消失(CR702.62) Keywords-Tips Vol.2

何をする能力? 
パーマネントに「時効」を与える能力です。
消散…N+1回後の自ターンに生け贄に捧げられます
消失…N回後の自ターンに生け贄に捧げられます
間違えやすいポイント
  1. それぞれ、N個のカウンターを伴って戦場に出るという常在型能力を含みます。
    これらの能力は誘発型能力ではありません。
  2. 消散は、「1回ごとに取り除き、取り除けなければ生け贄に捧げる」という一連の誘発型能力を含みます。
  3. 一方、消失は「1回ごとに取り除く」という誘発型能力と、「最後の1つが取り除かれたとき生け贄に捧げる」という誘発型能力の2つを含みます。
    それぞれ「生け贄に捧げる」という能力がどう処理されるかをチェックしましょう

例題

1)APは消散カウンターが置かれていない《ブラストダーム》(消散を持つクリーチャー)をコントロールしている。APのアップキープに消散が誘発しスタックに置かれた。これに対応しAPは《時間停止》を唱え、解決しターンが終わった。次のAPのアップキープに何が起きるか。


2)APは時間カウンターが1つ置かれている《カルシダーム》(消失を持つクリーチャー)をコントロールしている。APのアップキープに消失が誘発し時間カウンターを取り除いた。APが次に呪文を唱えられるタイミングでAPは《時間停止》を唱え解決しターンを終えた。次のAPのアップキープに何が起きるか。