L2ジャッジ再定義-地区ジャッジとは

提供: Judge Wiki (日本語)
移動: 案内検索

2014年8月1日にレベル2ジャッジの再定義が行われました。 この記事はその時のアナウンスで、現在の定義とは異なります。 参考:ジャッジレベルについて


原文:http://apps.magicjudges.org/forum/topic/11108/

マジックのコミュニティの成長とプレミアイベントの増大に伴い、私たちはレベル2ジャッジ(地区ジャッジ)の認定基準に関する見直しを2014年8月1日に行います。これらの基準は上級ジャッジにより制定され、世界中のレベル3ジャッジにより確認されています。

With the growth of the Magic community and Premier Organized Play we are initiating a change to the certification standard for Level 2 – Area Judges effective August 1st, 2014. These standards have been in development in consultation with the Senior Judges and reviewed by the Level Three judges globally.


以下の認定基準について質問がある場合には、レベル3以上のジャッジに質問してください。

If you have questions regarding the certification requirements below, please contact any L3+ judge.


レベル2は地区ジャッジであり、店舗1つよりも広い範囲を看ることを希望するジャッジです。彼らはトーナメントをより高い基準で運営すること、遠方でのジャッジも希望すること、他のジャッジを訓練しメンターになることを指向します。レベル2ジャッジにとっては複数の場所で働くことで、コミュニティのためにトーナメントを改善することは普通のことです。レベル2には競技RELのポリシーと運営の知識、認定イベントでのジャッジ経験、グランプリの支援が求められます。彼らはレベル1ジャッジを試験できます。多くのジャッジにとっては、レベル2はプログラムの中で達成することを望むであろう高いレベルであり、それにはより多くの時間と承認を要求されます。

Level 2s are the Area judges who want more than judge inside one store. They desire to see tournaments run to a higher standard, and are willing to travel, train and mentor other judges. It’s common for L2 judges to organize events and work with more than one location to improve tournaments for a community. Level 2s require knowledge of Competitive REL policy and processes and with experience judge Qualifier events, and support Grand Prix. They can test L1 judges. For many judges, Level 2 is as high as they’ll desire to progress in the program - higher levels requiring more time-commitment.


すでにレベル2になっているジャッジは、地区のRCに対してこの新しいレベル2のすべての認定要求(以下の1-3)にすでに適合していることの同意を得る必要があります。現在のレベル2ジャッジは、2014年の年内にRCに対してその要求への適合への証拠を示して同意を得る必要があり、それができなければ2015年1月にレベル1に降格します。すでに達成した要求(たとえばレベル2試験の合格)についてはその参照(レベル2試験のIDやその成績)を示す必要があり、それができなければ以下略。

Current L2s will be required to submit to their RCs that they meet all certification requirements (sections 1-3 below) required of new L2s in their region. Current L2s will need to submit, before the end of 2014, evidence of meeting these requirements to their RC, or be re-leveled level one in January 2015. Requirements already completed (example – passing L2 exam) should be submitted for review (original L2 test ID# and score shared) for certainty, else repeated.


1.認定前のインタビューを受けるための要求(過去15ヶ月以内に達成)

すべての要求を過去15ヶ月以内に満たしている必要があります。 レベル2候補は、これらの要求に適合している証拠を試験を行うジャッジに提示できなければなりません。

  • 建設的なフィードバックを行えるということを示すため、他のジャッジへのレビューを最低3つ提出。
  • 少なくとも他の認定ジャッジ1人とともに行った、競技レベルのヘッドジャッジ2回の経験。
  • 複数の主催または店舗による大会でのジャッジ経験。
  • 最低6つの大会のジャッジとして報告されていること。

1. Pre-Certification Interview Requirements (all within the last 15 months.) All requirements must have been satisfied in the last 15 months. L2 candidates must present evidence to the testing judge that these requirements have been met.

  • Submit at least three reviews of other judges demonstrating ability to deliver constructive feedback
  • Head judge at least two competitive REL events with a second certified judge
  • Judge for more than one organizer or store
  • Judge at least six reported events


2.推薦要項(すでに十分なジャッジがいる地区ではRCがこれを要求するかもしれません)

すでに十分なジャッジがいる地区ではRCがこれらを要求するかもしれません。レベル2ジャッジ候補は、自分が試験を受けるに足る証拠を示せるべきです。 これらはすべて達成されていなければなりません。

  • レベル2練習問題で70%以上の正解を得ること。RCはこの基準を80%を上限に上げることができます。
  • そのレベル2候補生に対する、レベル2以上のジャッジによるレビュー。
  • 行った競技レベルのイベントのヘッドジャッジとしてのトーナメントレポート。
  • 複数のWPN主催者から、将来のイベントでも一緒に働きたいという意思を得ていること。

2. Recommended Items (may be required in developed Regions at RC discretion) These achievements may be required in developed Regions at RC discretion. L2 candidates should be ready to present evidence to the testing judge of completion. these achievements have been completed.

  • L2 Practice Exam score of 70% or higher (max 80%) as set by the RC
  • Review from L2+ judge recommending candidate for L2
  • Tournament report from head judging a competitive event
  • Multiple WPN organizations / locations willing to staff candidate for future events


3.認定必須要項

  • レベル2試験に80%以上の正解を得ること。
  • 他のジャッジのメンターになり、それを認定する意志。
  • プレイヤー、ジャッジ、TOに対する外交能力を示せること。
  • 地域のジャッジコミュニティや通信チャンネル(フォーラムやMLなど)への参加。
  • 認定のうえでは、以下の項目についてもやり方を知っており将来は行えることを確認する。

・デッキチェック
・認定レビューの書き方
・DQレポートの書き方

3. Certification Items Required

  • Pass the Level Two exam with a score of 80% or higher
  • Willingness to mentor and certify other judges
  • Demonstrated diplomacy with players, judges and TOs
  • Participation in regional judge community and regional communication channels (e.g., forums, email lists, etc…)
  • Certifying judge will ensure the candidate knows how to:

• Perform a deck check
• Enter a certification review
• Enter a disqualification report